南原事業所、瀬滝事業所とも主要地方道の際に位置し、また、搬出港へ15分圏内にあり、島内及び島外のご要望にす早く対応可能です。

搬出経路について

搬出経路地図 南原事業所 南原事業所 瀬滝事業所 瀬滝-平土野港 経路情報 南原-亀徳港 経路情報 平土野港 亀徳港

瀬滝事業所~平土野港 経路情報

瀬滝事業所と搬出港の平土野港を結ぶ主要地方道伊仙天城線。
道路部幅員:11.0m、車道幅員:6.0m、の道路であり、市街地を経由せず搬出港まで石材を運搬できます。

南原事業所~亀徳港 経路情報

南原事業所と搬出港の亀徳港を結ぶ主要地方道伊仙亀津徳之島空港線。
道路部幅員:16.0m、車道幅員:6.0m、の道路であり、亀徳港使くの亀津の市街地を通るため、若干混雑を避ける方策が必要になります。

平土野港

平土野港は、徳之島の西側に位置し、東シナ海に面しています。
徳之島の拠点港であり、西側に位置する亀徳港の補完港となっており、台風時期等で亀徳港が利用できない場合は、当港に寄港しています。
平土野港 係留施設
係留施設 延長
岸壁(-9.0m) 220m
岸壁(-5.5m) 80m
物揚場(-1.0m) 23m
物揚場(-2.0m) 170m
鹿児島県平土野港パンフより

亀徳港

亀徳港は徳之島の東岸に位置し、太平洋に面しています。
亀徳港の最多風向は、夏期には南西~南東にかけて多く発生していて50%以上を占めていますが、冬期には逆に北西~北東の風が約60%に達します。通常時の波浪のうち、夏期においての波向の出現状況は南~東が卓越していてなかでも南方向が最も多くなります。また、冬期には圧倒的に北からの波向の出現が多い状況です。
亀徳港 係留施設
岸壁 水深 延長 バース
10,000トン級 -9.0m 220m 1
5,000トン級 -7.5m 160m 1
1,000トン級 -5.0m 80m 1
荷上場 -2.0m 260m  
鹿児島県亀徳港パンフより
Copyright© 2015 南州株式会社 All Rights Reserved.